人材から人財へ

いわての未来を担う人財を育成

STEM教育

(S)サイエンス, (T)テクノロジー, (E)エンジニアリング, (M)マスマティクスの知識・技術を修得する.

課題解決能力

自ら問題を分析し,最適解を求める.

競争・交流による成長

自身が製作した作品で,コンテストに参加.世界レベルの技術に挑む.

いわて未来アカデミーとは

 この教室は、岩手県で活躍できる人財を岩手県内で育成するために発足した事業です。その道のプロが直接指導することで、子供たち1人1人に合わせた教育を行います。これはフランチャイズ経営ではないからこそ実現できる、我々の強みです。

ロボットコース

 ロボット競技への参加を1つの到達目標とした授業を行います。3DCADと3Dプリンタレーザー加工機等を用いたハードウェア製作からC言語に準じたプログラミングをトータルに行います。何も難しいことはありません。やる気と興味さえあれば誰でもロボットを作ることが出来ます!

ロボット競技への参加について

 ロボカップジュニアは19歳以下の人が参加できる国際ロボットコンテストです。当教室ではロボカップジュニアのサッカー部門への参加を推奨しています。世界大会に進むためには、ノード大会、ブロック大会、全国大会と勝ち上がる必要がありますが、その分挑戦のし甲斐もあります。

ゲームコース

 ゲーム開発大会への参加を目標とした授業を行います。C#を用いたUnityによるゲーム開発を行います。ゲーム開発においては自分が欲しい情報を見つける検索能力が養われます。やる気と意欲さえあれば誰でもゲームを作ることが出来ます!

コンテストへの参加について

 Unityユースクリエイターカップは18歳以下の人が参加できるゲームコンテストです。過去大会で優勝したゲームが実際に販売されることもあるなど、ゲームクリエイターにとって登竜門となっています。制作には多くの時間がかかりますが、その分多くの学びが得られます。

進路等

 早期から専門的技術、知識に触れることで将来学びたい分野を明確にし、将来へと繋げていきます。受講生の皆さんが将来、大活躍してくれることを楽しみにしています!

緊急事態宣言における対応について

 いわて未来アカデミーでは8月12日より岩手県独自の緊急事態宣言の発出により、休講することとなりました。生徒の皆様におかれましてはご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

RRCAP2021 推薦出場決定!

 いわて未来アカデミー生徒によるチーム「Zones」がRoboCup Asia Pacificに参加することが決定致しました。
参加リーグはJunior Soccer LightWeight Primaryとなります。皆様、応援のほどよろしくお願い申し上げます。

年間行事予定


メンター

田尻 隼人(たじり はやと)

田尻 隼人(たじり はやと)

ロボットクリエイター

NPO法人IRCプロジェクト理事長。滝沢ロボティクス合同会社社長。ロボカップジュニアやETロボコンなど多数のコンテストに参加。ハードウェアとソフトウェア、どちらもこなすオールラウンダー。大学SDGsActionAwards2020グランプリスト。ファブテラスいわて運営。

川田 将宏(かわだ まさひろ)

川田 将宏(かわだ まさひろ)

ゲームクリエイター

プログラミング学習塾に通いWeb、クラウド、スマートフォンなどの情報通信技術(ICT)に加え、AIの技術及びアプリケーション開発技術を学ぶ。GameMaker Studio2やUnityなどを用いてゲーム開発をおこなう。ファブテラスいわて運営。

お問い合わせ・お申込みはこちら

3日以内にご返信いたします。迷惑メールに振り分けられている場合がございますので届かなかった場合はご確認をお願い致します。

開催地住所

岩手県民交流センター 

アイーナ3F ファブテラスいわて

Eメール

info@mirai-academy.com

お問い合わせはEメールまでお願い致します。

お電話での対応は出来かねます。

お問い合わせ・お申込み